損失額を限定できるメリット

NO IMAGE

投資手法の1つに、デイトレがあります。毎日デイトレで取引している方も、少なくありません。その手法はリスクを限定できるメリットがありますが、それはバイナリーオプションも同様です。なるべくリスクを低く抑えたいなら、オプション取引も検討してみる方が良いでしょう。

デイトレでリスクを抑える

外貨は、もちろん動き続けています。世界経済に関する大きなニュースが流れた時などは、外貨が大きく動く事も実際あります。その大変動は、少々注意を要するという声も多いです。
例えば1ドル110円の時に、買い注文しました。今後はドルは上昇すると予想したからです。しかし外貨のレートは、予想通りに動くとは限りません。109円や108円などに下落する事も実際あります。
状況によっては、その変動幅は大きくなる訳です。大きなニュースが流れた時は、108円などでなく105円などに下落する事もあります。もちろん105円にまで下落すれば、その分だけ損失も拡大してしまうでしょう。
そこでデイトレで損失を限定する訳です。そもそも110円から105円にまで下がるのは、数日かかるケースが多いです。しかしデイトレであれば、当日中に決済する事になります。下落幅を小さく抑えられるので、リスクは限定できます。

リスクを限定できるバイナリーオプション

ところで冒頭でも触れたバイナリーオプションも、リスクを限定する事は可能なのです。そもそもバイナリーには、必ず期限があります。チケットと呼ばれるものを買う訳ですが、短期的に決済される特徴があります。数ヶ月や数年にわたってチケットを保有し続けるケースは、殆どありません。基本的には当日中にチケットが決済されますから、かなりリスクを限定できます。
投資取引を検討している方は、しばしばリスクを心配しています。大きな損失が生じると困るでしょう。その点オプション取引であれば、ある程度はリスクを低く抑えられますから、おすすめです。

大きく動いても損失は限定的

そもそもバイナリーオプションの場合は、変動幅には左右されない性質があります。たとえ大きく動いても、利益額も変動額も変わらないのです。
ですから上記の108円と105円の例の場合、どちらも損失額は一緒です。たとえ105円にまで下がった時でも、大きな損失が生じる訳ではありません。
通常のFXの場合は、そうではありません。105円にまで下がれば、その分損失も大きくなってしまいます。それを考慮して、通常のFXでなくオプション取引を検討している方も多いです。