FXの業者はシステムの使いやすさや取引ルールを基準に選ぶ

NO IMAGE

FXの業者を選ぶポイントは複数あります。人によっては業者のチャートに注目している事もありますが、それよりも取引システムの使いやすさやルールを基準に比べてみる方が良いでしょう。やはり取引しやすいシステムを採用しているFX業者がおすすめです。

FXのチャートはフリーソフトがおすすめ

FX業者は、それぞれ採用しているチャートも異なります。チャートに実装されているテクニカル指標の種類数も異なりますし、チャートの充実性を基準にFX業者を比較している方も多いです。
確かにそれも比較基準の1つになりますが、実はチャートはフリーソフトで問題ありません。確かにFX業者もチャートを提供してくれていますが、それよりも無料のフリーソフトの方が使いやすいです。ロシアが開発したあるフリーソフトの場合、動作は非常に軽快です。簡単にはフリーズしませんし、デイトレなどで重宝している方も多いです。そのフリーソフトを使用すれば良いので、各業者のチャートはあまり気にしなくても問題ありません。

取引システムは使いやすいかどうかを比較

それより大切なのは、FX業者が採用している取引システムの使いやすさです。
例えば入力項目数などは、決して軽視できません。FX業者によっては、注文する際に多くの項目を入力しなければなりません。項目数が多いと、注文するのも少々面倒になってしまいます。
それとタップ数です。基本的には1クリックで注文が成立するシステムがおすすめです。クリック数が多いと、注文するのに時間がかかってしまいます。
また取引画面の分かりやすさも軽視できません。業者によっては、取引画面のボタンの数が多すぎて、注文しづらく感じられる事があります。初心者でも分かりやすい取引画面になっているFX業者を選ぶと良いでしょう。

取引ルールを基準に業者を比べる

それと注文の種類数です。特に大切なのはトレール注文です。
FXでは、トレンドを追跡する局面は多々あります。トレンドを追いかけて、逆指値の数字を変更するケースもよくあるのです。それを手作業で変更するのも面倒ですし、トレール注文があるFX業者は便利です。
ただトレール注文が可能であるかどうかは、FXの業者次第です。その注文方法の有無は、業者選びの基準の1つになるでしょう。
それと注文枚数です。FX業者によっては、かなり少ない枚数で注文する事もできます。100通貨単位で注文できる業者もあれば、一律1万枚以上になる業者もあるのです。リスクを低く抑えて取引したいなら、前者のように枚数が少ない業者がおすすめです。
上記のような注文方法や取引ルールなどは、FXの業者によって異なります。各社のルールはよく比較した上で、取引しやすい業者を選ぶと良いでしょう。