スマホで行えるせどりの方法とは

NO IMAGE

今回はスマホでできるせどりについて紹介していきます。

せどりとは

せどりとは、簡単に言えば「転売ビジネス」のことです。
転売はいけないことなのでは?と思うかもしれませんが、大丈夫です。
転売ヤーと呼ばれる、品薄商品や人気商品を買占めて高額で売ることは違法です。
せどりはいかに安く仕入れ、定価に近い価格で売るかが肝となっています。

せどりの種類

せどりには主に2種類の方法があります。店舗せどりと電脳せどりがあり、ざっくり説明すると
店舗せどりは自分の足でお店へ行き商品を探す方法になります。
電脳せどりは、楽天などのECサイトで商品を探し、Amazonなどで販売する方法になります。
今回はスマホでもできるという事なので、店舗せどりについて詳しく説明してきます。

店舗せどり 商品の見つけ方~販売まで

ではどのようにして価格の低い商品を見つけるのか。
1つ1つの商品をネットで検索していくのは時間がかかりますよね。
そこで活躍するのがせどりツールやアプリです。
ここでは一つだけ店舗せどりで活躍するアプリを紹介します。
それは「Amacode」です。
Amacodeはカメラ機能があり、商品のバーコードをカメラにかざすと
その商品がAmazon内ではどのくらい売れているのかを順位で表示されます。
有料版である「Amacode pro」になるとグラフで商品がどのくらい売れているのかを確認することもできますが
無料版でも十分活用できるので、その部分は自分のさじ加減でいいと思います。
アプリを使うことで、店舗せどりの弱みである商品を探す時間を短縮することができます。

基本的に探し出した商品を売る場所はAmazonがベストと言われています。
その理由は、単純に利用者数が多いからです。
Amazonは日本だけでおよそ5000万人の利用者がいます。
利用者が多ければ多いほど、購入される確率が高くなるので
販売策はAmazonにしましょう。

Amazonで販売するためには出品者登録を行う必要があります。
AmazonのHPからフッターの部分へ行くと、出品者登録に関するURLがあるので
そこから登録を行いましょう。
登録が完了したら「Amazon SellerCentral」というアプリをインストールしましょう。
これは商品の出品に欠かせないものになります。
パソコンでもできますが、スマホでも簡単に操作できるので
必ずインストールしてください。

まとめ

いかがでしたか。
かなりざっくりとした説明になりますが、全体像はつかめたと思います。
もっとせどりの事を詳しく知りたい方はYouTubeなどで動画を乗せてる方もいるので
そちらで勉強をするのをお勧めします。
是非、一度せどりに取り組んでみてはいかがでしょうか。