古本だけがせどりではない

NO IMAGE

せどりは、古本がイメージされている事も多いです。古本屋などで書籍を買って、WEBで高く売却すると思われている事もありますが、それは一例に過ぎません。実際には多彩なジャンルの品物が取引されている傾向があります。

100円で買った古本をもっと高く売るビジネス

古本による取引はどのようなイメージかというと、そもそもお店によっては書籍が非常に格安に販売されています。ある有名な書店では、大部分の古本は100円で買えるのです。数ある古本店の中でも、かなり格安な方になります。実際には全ての商品が100円で買える訳ではありませんが、それでもかなり格安になっているのです。

ところで古本店で販売されている書籍は、もっと高く売れる可能性があります。Webのオークションなどで売却すれば、1冊が1,000円以上になる可能性もあるので、単純計算で一冊900円以上の利益になるのです。

という事は古本屋に行って本を大量に仕入れて、それをWebで高く売れば、かなり大きく稼げる可能性があります。せどりと聞くと、多くの方々はこの古本ビジネスをイメージしているのです。

古本だけではないせどりのジャンル

しかし実際のせどりは若干異なります。そもそもせどりで取引されているジャンルは、何も古本だけではありません。もっと色々な商品が取引されていて、例えば玩具などがあります。人気のアニメキャラの玩具などをWEBで買って、Webの倉庫サービスなどで売却する手段もあるのです。

そうかと思えば、電子機器などもあります。売れ筋の電子機器を買って、やはり倉庫サービスで売却する訳です。
ですからせどりの取引対象は、実に多彩です。基本的には売れ筋のジャンルに注目して、取引される傾向があります。

実店舗でなく電脳の取引が多い

それと、そもそも上記のように古本店に行くようなケースは殆どありません。実店舗で仕入れるというより、むしろWeb完結になっているケースが多いです。
例えばWebのオークションで商品を仕入れて、倉庫サービスで高く売ってみる方法があります。オークションだけでなく、通販サイトなどでも構いません。通販サイトの割引キャンペーンなどで商品を安く買って、高く売っている方々も少なくありません。

そもそも実店舗に足を運んで商品を仕入れるのは、若干手間がかかります。その点WEBであれば、比較的スピーディーに商品を仕入れることができますし、長い時間をかけて移動する必要もありません。ですから多くの方々は、電脳型のせどりで取引している傾向があります。